コラーゲンの機能


コラーゲンの機能

コラーゲンとは、たんぱく質の一種で皮膚・靭帯・内臓・骨・軟骨など構成しています。 また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されています。ゼラチンの原料はコラーゲンで、化粧品・医薬品などにも用いられています。 コラーゲンという名称を聞いたことはあっても、具体的にどういったものか詳しくは知らない、という人も多いのではないでしょうか。 当サイトではそんなコラーゲンについて説明していますので、興味のある方は是非一度ご覧ください。
コラーゲンは非常に細かい分子が棒状で絡み合っています。これを3重らせん構造と呼んでいます。これらが規則的に集まり、 人間の各器官に存在をしています。分子同士が結びつくと非常に強度が高くなります。特に腱では筋肉が力を骨に伝え、 運動を行う際に非常に強い力がかけられ、また骨や軟骨の内部ではコラーゲンの細繊維が弾力性を増し、衝撃で骨折等を防ぐことに役立っています。 この機能とは別にコラーゲンが接している細胞に増殖や分化シグナルといったことを与え、情報を伝達する働きもあることがわかりました。 また、コラーゲンは加齢と共に量が減少するため、老化や疾患を予防するには合成能を活性化したり補給することが必須になります。 補給する方法として最近ではコラーゲン商品が販売されているのでそこから採ること可能です。



ページTOPへ